更年期について

若年性更年期とは?30代でも起きることがある?


若年性更年期障害とは、ほてりやイライラ、月経不順など50代前後の女性で見られる更年期障害の症状が、20代?30代でも起こることです。更年期障害はエストロゲンの分泌量が減ることで起こりますが、若い女性が発症する原因はストレスやダイエット、不規則な生活だといわれます。


20代は社会人としての生活がスタートし緊張感のある日々が続きます。30代は仕事での責任が重くなり、結婚や出産、育児を始めて経験する人もいます。20代?30代は生活が大きく変わる時期でもあるため、ストレスを感じやすく暴飲暴食に走りやすいです。また見た目をきれいにしようと無理な食事制限を伴うダイエットなど、若くても卵巣機能が低下する要因はたくさんあります。


実際に30代で閉経すると早期閉経として更年期障害の治療が行われます。しかし多くの場合は自律神経失調症や月経前症候群として適切な治療を受けられません。ホルモンバランスは一度乱れると元に戻すのに時間がかかるので、体の不調を感じたら婦人系の病院に行き、早めに治療を始めます。若年性更年期障害の治療では、食事の栄養バランスを正しくすることや睡眠時間を確保すること、ストレスを溜め込まないことなどがあります。


また薬を服用して症状が軽くなる人も多いです。女性ホルモン製剤は、エストロゲンのみやプロゲステロンのみ、両方含んだものの3つがあり、症状に合わせて処方されます。プラセンタ製剤は、体内のホルモンを調整します。病院で注射してもらいますが、注射に使われるのは安全性の高いヒトプラセンタです。


現在認可されているのは、ラエンネックとメルスモンですが更年期障害にはメルスモンを使用します。婦人系の病院では女性ホルモンの量を検査できるので、薬の処方を安全に行えます。医師の診断があれば漢方薬も体質に合ったものを入手できます。漢方薬には当帰芍薬散や加味逍遙散などがあり、保険が適用されるので自己負担額は少ないです。