更年期について

更年期障害の診断・治療について


更年期障害が起こるとされる更年期は、平均的な閉経の年齢である50歳の前後5年を指しています。つまり45?55歳なのですが、閉経は妊娠の有無や生活環境によって異なってくるために、年齢に大きな幅があり個人差があります。


更年期に差し掛かると卵胞ホルモンであるエストロゲンの分泌が減少し始め、ホルモンバランスが崩れることで身体に変調をきたします。イライラや身体のほてり、睡眠障害、身体が思うように動かない、不安症状が強いなど、何らかの変調が起こり続くようでしたら更年期障害を疑った方が良いかもしれません。


更年期障害は医療機関で治療することが出来、診察は問診、血中のホルモン量の検査、婦人科検診を行い総合的に診察します。仮に更年期障害と診断された場合は、エストロゲンを身体に摂取するホルモン補充療法、漢方薬、向精神薬等、薬を用いた治療、カウンセリングによる心のケア等、症状に合わせた治療方法をとります。


漢方薬はホルモン補充療法が出来ない人や更年期障害の症状が多様化している人に、不安やうつの症状が主だった人には向精神薬等が治療法として使われることがあります。


また薬に頼るだけでなく、エストロゲンに似た構造の大豆イソフラボンやポリフェノールの摂取、心身ともにリラックスできるような音楽療法や体操を生活習慣に取り入れることも、個人で出来る治療法として有効とされています。個人で出来る治療法は病院でアドバイスをしてもらえるので、気軽に聞いてみると良いでしょう。


閉経が近づくにつれて起こる更年期障害ですが、最近では20代や30代でも過度のダイエットによる体重減少や太り過ぎ、ストレスによっても起こる若年性更年期障害もあります。こちらも卵巣の機能が低下しエストロゲンが減少することで起こることですが、バランスの良い食事や適度な運動、ストレスの発散や溜めこまない生活などで改善することが出来ます。


若年性更年期障害は子どもが欲しくなった時に不妊の原因にもなってしまうので、若いからこそ気を付ける必要があるといえます。