健康について

高血圧の症状と食生活について


高血圧の症状を改善させていくために必須なのが、これまでの食事を向き合い、乱れた食生活をリセットすることです。人間の体の健康は、日々口から摂り入れた食材の栄養素に左右され、それは血圧にも大きな影響力を与えています。血圧を下げたいのであれば、食事内容を変えていかないことには始まりません。


メディアで話題に合っている高級サプリを飲むのではなく、新鮮な食材を取り入れて食事事態を変えていくのです。高級サプリさえ飲んでいれば、高い血圧はどんどん下がると思ったら大間違いであり、食事内容を正して生活習慣を見直さない限り、数値はなかなか変わってはくれません。見直すべきなのは、今までの食事のあり方です。


健康であったはずの日本人が、なぜ高血圧に悩まされるかといえば、血圧を高める原因が生活の中に多くあるためです。過剰な塩分の摂取や肥満、喫煙習慣や精神的なストレスなど、複合的要因が入り組んでします。その中でもすぐにでもリセットするべきなのは、人間の脳も身体も支配する食事内容です。


高血圧を改善していく食事のポイントとして、食塩を減らすことは重要です。日本の和食は栄養の良いバランスを保ちますが、食べ過ぎてしまうと過剰な塩分を体内に取り込むことになります。ですから、和食だからといって食べ過ぎてしまうと、健康的ではなくなります。


加工食品は過剰な塩分を使用しますので、食べるのは控えるべきです。漬物やつくだ煮、干物などの塩蔵品なども避けたほうが無難です。食事での汁物や煮物には、自然の恵みである天然だしを活用しましょう。海苔やしいたっけ類の風味のある食事や、酢やレモンなどの酸味をうまく使うと、食事の味つけは薄くすることができます。


ラーメンやそば、みそ汁に関しても、基本的に塩分が多いので、汁は飲まないことです。煮物を作るときには砂糖類を控えることで、同時に塩分もセーブさせることができます。食事出かけるソースやしょうゆは、使いすぎないように意識します。


高血圧が引き起こす病気とは?


高血圧と診断される方は、平常時の血圧の値が基準とされる正常の値を超えている場合に、高血圧と診断されます。自覚症状が少ないとされていて、放っておくとさまざまな病気につながっていくといわれていますので、定期的に血圧測定を行って自身の血圧値を知ることが大事になるでしょう。


高血圧治療ガイドライン2014が示しています、高血圧となる基準値は、病院で測定された場合ですと、収縮期血圧が140mmHgで拡張期血圧が90mmHg以上とされています。この基準値を超えた状態になりますと、動脈硬化を引き起こす割合が高くなるといわれていますので、気をつけたいものです。


動脈硬化は、血管の内壁にコレステロールなどが付着して、血管の内壁が厚くなる状態をいいます。そうしますと、血液がスムーズに流れにくくなって、さらなる病気へとつながることになります。高血圧が引き起こした動脈硬化が原因となって、脳梗塞や脳出血、心筋梗塞や狭心症などが引き起こされるといわれています。これらの病気は、脳や心臓に起こる血管障害になります。また、腎臓にも影響を与えるものであって、腎機能が低下して腎障害となる場合もあるものです。


脳の病気には、脳内にある血管が破裂してしまう脳出血と、脳内の血管内部に血栓が詰まって、血液や酸素、栄養素が行き渡らずに脳の細胞が壊死していく脳梗塞があります。脳出血の場合ですと、突然脳の血管が破裂してしまい命を落とすことがあるものです。これらの原因は、高血圧がひとつの原因であることがわかっていますので、少しでも体調に異変を感じたなら、医師の診察を受けられるのがいいでしょう。


頭痛やめまい、耳鳴り、動悸や胸痛、むくみやしびれなどは、高血圧の症状である場合がみられますので、早めに医療機関を訪れて医師の診察を受けられるのがいいでしょう。食事を改善したり運動を行うなどで、高血圧を予防することもできますので、規則正しい生活をこころがけたいものです。