健康について

脂質異常症とは?原因として考えられるのは?


脂質異常症は、血中LDLコレステロール値が140mg/dL以上、血中HDLコレステロール値が40mg/dL未満、血中トリグリセリド(中性脂肪)値が40mg/dL以上の、いずれかを示す状態のことを言います。いわゆる、血液ドロドロのイメージです。HDLコレステロールは、体のコレステロールを肝臓へ運ぶ働きがあります。コレステロールは、肝臓で分解されるので、HDLコレステロールはいわゆる善玉コレステロールと呼ばれており、高値の方が良いとされています。


一方、LDLコレステロールは、肝臓で生合成されたコレステロールを体のあちこちへ運ぶ働きがあるので、低値の方が良いとされています。脂質異常症自体には、自覚症状はありませんが、資質の異常状態が続くと動脈硬化や脂肪肝、膵炎といった病気を誘発するリスクが高くなります。また、動脈硬化が進行することで、心筋梗塞や脳梗塞といった血管系の病気が誘発されやすくなります。


そのため、脂質異常症を放っておくと、ある日突然心筋梗塞で倒れるといったことも考えられます。脂質異常症は、男性では40代がピーク、女性では閉経後に増加が見られ60代でピークとなることが分かっています。


脂質異常症の原因は、バランスの悪い食事や、運動不足といった生活習慣が原因となることが多いとされています。特に、食事面では、卵やバターなどのコレステロールの多く含まれる食事の増加により、血中の脂質のバランスが崩れやすくなります。


また、体重が増え、体脂肪が増加することも原因となるため、糖分やカロリーのとりすぎにも注意し、バランスの良い食事を心がける必要があります。また、アルコールの飲みすぎは、中性脂肪を増加させることもあるので、飲みすぎには注意しましょう。


食事の中で、油といっても、イワシなどの青魚に含まれる油はコレステロール値を正常化させるという報告があります。そのため、肉よりも魚を積極的にとることも推奨されています。